過払い金の請求と債務整理について

過払い金の請求は債務の完済後と完済前で分けて考える必要があります。完済後の過払い金請求は債務整理に該当しないため、ブラックリストに登録される心配がありません。一方完済前の過払い金請求は債務整理に該当するので、ブラックリストに登録されます。ただし返還された過払い金を元本に充当して完済できれば、登録は抹消されます。

 

債務整理には任意整理と特定調停、民事再生、自己破産があります。借金を整理するためには正確な債務額の確定が必要です。そのため債務整理の手続の中で過払い金が発覚する場合があります。

 

任意整理は当事者が協議して借金を減額する手続です。特定調停も任意整理と同様ですが、裁判所の仲介を受けて債務名義である調停調書が作成されます。任意整理では債務名義が作成されないので、債務不履行を起こしても直接的に強制執行される心配はありません。一方特定調停では債務名義が作成されるので、強制執行の可能性があります。

 

民事再生は5000万円以下の債務に適用されます。住宅ローンを除外できるので、自宅を手放さずに借金を整理できます。自己破産は生活に必要な財産以外を全て処分して、債務全額の免除を受ける手続です。基本的には任意整理から入り、協議がまとまらない場合には他の手続に移行します。

 

返済中の過払い金請求も債務整理に該当しますが、返還されたお金で債務を完済できれば問題はありません。一旦ブラックリストに掲載された情報は、債務の完済により抹消されます。また完済済みの借金に対して過払い金請求をした場合は、もともとブラックリストに登録されません。返済中に返還請求をして債務に充当しても、借金が残る場合にはブックリストに登録されます。

 

払い過ぎた利息の正確な計算は複雑なので、専門家に相談するのが合理的です。