任意整理をして本当に良かったです

社会人になってから、ストレスもあってギャンブルを始めるようになってしまい、最初はそう高額は使っていませんでしたが、だんだん歯止めが効かなくなってしまい、お金を借りてまでギャンブルをするようになってしまっていました。

 

お金を借りていても、最初は次の給与で返すことができていましたが、それも難しいくらいになり始め、複数の消費者金融からお金を借りるようになりました。返済が追いついていなくても、まだどうにかなるだろうという気持ちがあり、その頃には感覚がおかしくなっていたんだなと今になって思います。

 

最終的に、光熱費の支払いができなくなりこのままではガスや電気が止まってしまうということになり、なんとかしなくてはと、やっと正気に戻ることができました。その後は、解決方法はないかと探し、債務整理の存在を知り弁護士に相談しました。自己破産しかないのかなと思っていましたが、自己破産しなくても任意整理でどうにかなるといってもらえた時には、本当に嬉しかったし希望の光が見えました。

 

その後は、任せきりにしていましたが無事に債務整理ができて、今では無理なく返済することができる金額になっています。債務整理をして本当に助かりました。

任意整理で無理なく返済できるようになりました

二十代で消費者金融でお金を借りるようになってから、だんだん借りる金額も大きくなっていっていて、三十代になる頃にはかなりの金額にまで膨らんでいました。本当にいくら借りたのかや、利息はどのくらいなんだろうということも知らなかったし、金額を知ることも怖くて知ろうともしないようになっていました。

 

でも、恋人と結婚を考えるようになり、このままではまずいと思い、どうにかならないかと調べた結果、債務整理という方法しかないと思いました。弁護士に相談に行く時には、かなりドキドキしましたが親身になって話を聞いてもらうことができました。弁護士に提案されたのが、任意整理という方法でした。

 

債権者と和解して利息をカットして、無理なく払っていける金額へ返済計画を新たに組み直す方法と教えてもらいましたが、本当にそんなことが可能なのかなという疑問と不安はもちろんありました。でもいくら考えてもよくわからないし、とりあえずプロに任せようと思い依頼しました。その結果、返済額は半分程度にまで減り、毎月の返済で悩むこともなくなりました。

 

この調子なら、あと少し頑張れば完済できそうという希望が見えているし、完済に向けて頑張っていきたいです。

任意整理をして希望が見えました

お金を借りることができる年齢になってから、しばらくしてお金を借りるようになり始め、だんだん返済が厳しい金額を借りるようになっていました。一つの借入先からでは足りないということになり、他のところからも借りるようになっていき、最終的に四社から借りていました。

 

返済するためにお金を借りるという自転車走行になっていて、もうどうにも自分ではできないようになっていました。返済を催促する電話も毎日当たり前のようにかかってきていて、気がどうにかなりそうでした。どうにかしなければと思い、弁護士に相談しようと電話をしたところ、任意整理をすればどうにかなるといってもらうことができ、少し希望が見えるなと感じました。

 

任意整理を弁護士に任せることにし、依頼してからは催促の電話はピタリと鳴り止んで、すごいなとびっくりしました。その後数日してから、無事話がついたということを教えてもらえた時には本当にホッとしたしありがたいなと思いました。

 

任意整理をしたことで、毎月の返済は無理がない金額にしてもらうことができたし、今ではお金を借りないと誓ってきちんと毎月返済に励んでいます。任意整理して、生活に希望が出たので本当に良かったです。

お役立ちサイト

  • 債務整理東京ナビ

    東京でも問題になる借金返済困難からの事件。
    それを解決するための最終手段である債務整理についてちゃんと理解できるように、体験談と質問をまとめました。

  •  

  • 借金なら債務整理

    借金返済が困難になった時に行う債務整理の方法、メリットやデメリットの説明など。